吃音 病院 何科 治し方


吃音の治し方は何科の病院でも教えてくれません

大人の吃音の治し方が教えてほしくて
病院の色んな科を渡り歩いたが
結局教えてくれなかった
という吃音者が後を絶ちません。

筆者の知る限りでも、
まず耳鼻咽喉科に行ったら、

「あなたの吃音は、
声帯、舌や顎関節など
発語器官の異常では無いので
うちでは治せません」

とか

脳外科に行ったら、

「脳に損傷や疾病が認められての吃音なら
専門なので治せるけど、
あなたは正常だしねぇ・・」

とか満足いく吃音の治療をしてもらえませんでした。

吃音の原因は物理的(肉体的)ではなく、
心因性なんだと、
精神科、心療内科、神経外科などに行っても、
医師の回答は

「ストレスが溜まらないように」

「落ち着いて話せば吃音は治りますよ」

「呼吸法や音読を練習しては?」

など素人の域を出ないものばかり。

言語聴覚士という専門家もいますが
吃音の治し方に精通している人は
皆無だと言われています。

病院の何科に行っても、
吃音の治し方は教えてもらえないのです。

吃音は病院の何科でも
治し方を教えてくれない理由

病院の何科に行っても
吃音の治し方を教えてくれない
理由の第一は、
医学部では吃音の「き」の字も教えないからです。

吃音者がどれほど辛く苦しんでいても
吃音はレントゲンに何も映らないし、
検査を尽くしても異常は認められないため
「病気」「疾患」のカテゴリーには
含まれていないのです。

そして、
どこの病院の何科に行っても、
吃音の治し方を教えてくれる医師がいない
決定的な理由が、治療に当たる人間が

吃音を克服した元吃音者ではない

ということ。

吃音になったこともない人に

「あ」など特定の文字だけどもるとか

歌ではどもらないのに

とか

一人になった途端、言葉が言える

などの

吃音の奇異な性質は理解不可能なのです。

吃音は何科の医師でも治し方を教えてくれない、
のではなく
教えられない のです。

吃音非経験者に、

(筆者の表現ですが)鍵のかかった扉を
必死で開けようとするみたいな
喉や口元が強張って硬直して
どうしても動かない
感覚を理解するのは無理なのです。

吃音は病院の何科に行っても
治し方を教えてくれない理由に納得しませんか?

吃音を克服した人指導の
6週間吃音改善プログラムとは

病院の何科でも
吃音の治し方を教えられないのなら
吃音は一生治らないのでしょうか?

そんなことはありません。

あなたの吃音を改善してくれる
吃音を克服した元吃音者の
中村しょう氏です。

彼は、
吃音によるストレスで頭に10円玉ハゲが出来たり
電話口で名乗れず、
取引先の重役に怒鳴られたり
仕事も友情も恋愛もすべて破壊されました。
死という言葉が何度も頭をよぎりました。

今でこそ吃音克服者ですが
吃音を治すため
変な器具を買わされたり
高額なカウンセリングを受けたりして
数十万円を使いましたが
全く吃音は改善しなかったのです。

回り道をした結果、
吃音を忘れる方法と出会い、

今では大勢の前でも普通に話せるようになり、
彼が教えるその吃音改善方法で
300人以上が救われています。

あなたが、
この6週間吃音改善プログラムを
実行するにあたり必要なのは、

1、自室で自分だけの1日20分の時間

2、ノートとペン

です。

吃音改善にあたり、
変な器具はもちろん薬も使いませんし
ZOOMなどのビデオ通話で
誰かと顔を合わせる必要もありません。

それと役に立たない音読、呼吸訓練も
ありませんのでご安心を。

吃音の治し方を病院では
教えられなかったのも無理はありません。

吃音の独特な性質や
辛さは吃音経験者にしか分かりません。

そして吃音改善方法も
克服した元吃音者にしか教えられません。

そんな
中村しょう氏指導の
6週間吃音改善プログラムを
あなたも試してみませんか?

吃音のほうから勝手に去っていき、
「吃音で悩んでいた頃の自分は何だったの?」

とあっけなく思ってしまうでしょう。

吃音の治し方を検索して
ネット情報に惑わされるのも

病院の何科?などと探し回るのも
これでお終いです。

吃音改善プログラム公式サイト